面接は時間厳守が大前提

採用してもらえるかの大きな分かれ道になるかもしれないのが面接です。面接官と直接向き合い受け答えをしている中で、どういう人物なのか会社に適合できる貢献してくれるかなどいろいろなことを探ろうとしてきます。ここでいい印象を与えることができれば採用される可能性もぐんと高まります。面接でどう答えるかということも大切ですが、まず時間に対する基本的なことができていないとそれも台無しになります。これは社会人だからとかそういうことではなく、人として守らなければならない最低限のマナーだということを理解しておかなければなりません。

必ず守らなければならないことは、面接会場には開始時刻に間に合うように到着することです。遅くとも5分前には到着するようにし、ギリギリ間に合うなどあわてて会場入りすることがないようにしましょう。遅刻を防ぐため30分とか1時間前から会場の前で待つというようなことは避けたほうがいいでしょう。もし早く着いてしまった時は、会場の近くで時間を調整してから行くようにするのがコツです。遅刻をしないためにも事前に会場までの道のりを確認したり、所要時間を調べておくことも大切です。行ってみたら道に迷ったとか、想像以上に時間がかかったなどで遅刻することも防げます。


Copyright(c) 2016 面接は時間厳守が大前提 All Rights Reserved.